筋肉サプリメント ランキング 比較 おすすめ

MENU

EAAに副作用はあるのか? EAAの副作用を抑える簡単な方法とは?

「EAAに副作用はあるのか? EAAの副作用を抑える簡単な方法とは?」
EAAとは必須アミノ酸のことで、下記の9種類のアミノ酸が含まれます。

 

メチオニン
トリプトファン
リシン
フェニルアラニン
ヒスチジン
トレオニン
バリン
ロイシン
イソロイシン

 

EAA(必須アミノ酸)は、私たちの体内で十分な量を作ることができないので、
食品やサプリメントで外から摂取する必要があります。

 

 

 

■EAAに副作用はない

「EAAに副作用はあるのか? EAAの副作用を抑える簡単な方法とは?」
EAAはもともと私たちの体を作るのに必要なアミノ酸です。

 

体内で十分な量を合成できないので、
肉や魚などタンパク質を取れる食品から摂取しています。

 

つまり、私たちは普段の食事でEAAを摂っているんですね。

 

したがって、EAAの中に成分的に危険なものはありません。

 

 

そもそも、筋トレ用のEAAは医薬品ではなく、サプリメントです。
サプリメントというのは食品に分類されるものです。

 

医薬品ではないので「副作用」という言い方も間違っています。
したがって、「EAAに副作用はない」というのが結論になります。

 

 

 

■EAAに副作用はないが、過剰摂取は体に悪い

「EAAに副作用はあるのか? EAAの副作用を抑える簡単な方法とは?」
EAAに副作用はないと言いましたが、
過剰に摂取すると体に悪影響を与えることがあります。

 

その意味で、EAAには副作用は「ほぼない」という言い方がよくされています。

 

 

たとえば、塩。

 

私たちは生きていくために塩分を摂取する必要があります。
しかし、塩分の摂り過ぎは体に良くないですよね?

 

「塩分の副作用」という言い方もしません。

 

 

EAAも同じです。

 

基本的には食品(タンパク質)に含まれている成分で、
私たちが生きていくために必要不可欠なものです。

 

しかし、必要だからといって、摂り過ぎは良くありません。
実際に、EAAを過剰摂取することによる体への悪影響が知られています。

 

 

 

■EAAの過剰摂取で下痢になることがある

 

「EAAに副作用はあるのか? EAAの副作用を抑える簡単な方法とは?」
EAAの過剰摂取による症状として、下痢を起こすことがよくあります。
これは「浸透圧性下痢」と呼ばれているものです。

 

EAAは吸収が良いので、腸内のアミノ酸濃度が急激に上がることがあります。
すると、浸透圧の関係でアミノ酸濃度を薄める必要があるので、
腸内の水分の分泌量が多くなり、下痢になってしまいます。

 

 

浸透圧性下痢を治す方法は簡単で、
下痢の原因となる成分を含む食品やサプリメントを
食べたり飲んだりするのを止めるだけで治ります。

 

また、アミノ酸濃度の急激な上昇を抑えるためには、
EAAを少量に分けて摂取するのが良いことが知られています。

 

 

下痢以外の症状が現れることもありますが、
基本的には過剰摂取を避ければ、症状を抑えることができます。

 

 

 

■EAAの副作用についてのまとめ

「EAAに副作用はあるのか? EAAの副作用を抑える簡単な方法とは?」
・EAAは9種類ある必須アミノ酸のこと。

 

・EAAに副作用はないが、過剰摂取は体に悪い。

 

・EAAの過剰摂取で下痢になることがある。