筋肉サプリメント ランキング 比較 おすすめ

MENU

脂肪は筋トレの敵!体脂肪と筋肉の関係って?

敵、というのは言い過ぎだとしても、筋肉トレーニングにおいて脂肪を減らすことはとても重要なこと。
そこで、今回は筋肉と脂肪の関係性についてご紹介致します。

 

体脂肪が少ない=筋肉が目立つ?

腹筋はすでに割れている?

脂肪は筋トレの敵!体脂肪と筋肉の関係って?
腹筋を続けていれば、徐々に腹筋が割れてくる、と考えている人も多いのではないでしょうか。
ですが、このいわゆる「シックス・パック」。
これは筋トレをしていようがしていまいが、すでに私たちの身体にはついています。
腹筋というのは、そもそも割れているものなのですから。
しかし、普通に生きている中で腹筋の割れている人に出会うことはなかなかないと思います。
それは、普通の人は体脂肪が腹筋を隠してしまっているからなのです。

 

割れている腹筋を出すための体脂肪率

まず、男性の平均体脂肪率は15%から20%です。女性は+5%の20%から25%。
腹筋を割るためには、15%以下(女性は20%)に体脂肪率を落とす必要があります。
大体、10%を切れば、くっきりと腹筋が割れ出てくるでしょう。

 

理想的な身体を作るためには減量も重要

減量と筋トレならどちらを優先?

まずすべきは、減量です。
もちろん、筋トレをまったくやらなくていいというわけではないのですが、筋肉をつけることと減量をすることでは矛盾する部分も出てきてしまうのです。
例えば、トレーニング中は炭水化物をとったり、カロリーを多くとったりする必要がありますが、それは減量の観点においては逆効果。
どっちつかずになってしまうなら、まずはどちらか一方から始めましょう。
低脂肪の状態の方が筋肉はつきやすい状態とはいえるので、減量を優先した方が効率的ですね。

 

減量時の注意点

まず、極端にカロリーを減らしすぎないということ。
もちろんカロリーコントロールは必要なのですが、減らしすぎては筋肉が減ってしまいます。
筋肉増強のために減量をするのに、それでは意味がありません。
また、たんぱく質の摂取も必要ですね。
食事量が減るというのは、単純にたんぱく質の摂取量も減るのですから、より気をつけなければなりません。
食事から必要な分がとれないのであれば、サプリメントを利用してみましょう。
また、筋肉トレーニングをやめないことも大事なこと。
減量を終え、筋肉をつけることに集中するときのためにも、「筋肉を現状維持する」ことが重要な点になります。

 

まずは体脂肪率をはかってみよう

 

脂肪は筋トレの敵!体脂肪と筋肉の関係って?
どんなに筋肉をつけたくても、自分の現状を知らなければ先へは進めません。
まずは自分の体脂肪率を知り、減量の必要があるのかどうか、確認してみましょう。

 

 

⇒最強筋肉サプリメントランキング!実際にムキムキになれた筋トレサプリは?